賃貸住宅のリフォームを手助けする総合情報サイト

>

いざリフォームが出来るようになったら

このコラムをシェアする

どんなリフォームをすれば良いの?

賃貸住宅をリフォームするときは、入居中の自分の好みや使い勝手にプラスとして退去時の価値についても考えておくと良いでしょう。
リフォームをただ単に見栄えがいいから、便利になるからだけで実施するのではなく、リフォーム前より他の人が見て価値があると感じるものにしておくと良いのではないでしょうか。ここで重要なことは第三者に価値の向上を認めてもらうことです。つまり自分の意見のほかリフォーム会社等の第三者の意見を参考にして、自己満足だけに終わらせずに次の入居者にも価値を認められるリフォームになるように検討して実施することが大切ではないでしょうか。第三者が認めるようなリフォームであればオーナーの賛同も得やすくなると思います。

オーナー負担での実施も相談してみよう

実際のリフォームについてはあなたが出来るものと出来ないものを別けて考えてみましょう。あなたがやるべきリフォームなのか考える必要があるということです。
一例として、フローリングへの貼り換えは配管の老朽化に伴う修繕時に一緒に実施したほうが良い場合があります。本来の交換時期はまだ先だが前倒しで実施する価値はあるか、そういったことはオーナーに確認しないと判らないことであり実施判断もしてもらう必要があります。つまり根本的な住環境の整備としてリフォームを考えるならば、オーナーに相談しオーナー負担での実施をお願い出来るものもあるのではないでしょうか。オーナーにとっても出費はありますが、間取り変更やフローリングなど資産価値向上が見込まれるものなどは相談して理解頂ければ、実施の可能性を高めることが出来るのではないでしょうか。